第11回肝臓病教室を開催しました

2017年4月24日

3/25(土)当院講堂で第11回肝臓病教室を開催しました。
鍋島医師より脂肪肝について、
次いで薬剤科の中野より薬の基本、
管理栄養士の天形より脂肪肝の食事療法について講義がありました。
ストレッチも参加者全員で行い有意義な会となりました。
多数のご参加ありがとうございました。
次回は平成29年11月25日(土曜日)の予定です。
多数のご参加をスタッフ一同心よりお待ちしております。

(当日の講演内容)
鍋島医師
肥満人口の増加にともなって脂肪肝も増えています。かつて脂肪肝は「食べ過ぎ」、
「運動不足」、「やせたらよくなる」などと言われ、比較的軽く扱われてきました。
しかし、最近の研究で、脂肪肝の一部は、肝硬変、さらには肝臓癌にまで進行する
ことがわかってきました。そのような”悪質の”脂肪肝が、NASH(ナッシュ)と呼ばれ
るものです。当日は、このNASHの特徴や検査法、治療についてお話しました。
普通の脂肪肝がどうやってNASHになるのかは、まだわかっていません。脂肪肝の人は
誰もがNASHになる可能性があります。脂肪肝ぐらい大したことはないと放置せずに、
きちんと治療を受けることをお勧めします。

薬剤科 中野
薬を飲む時に何気なくしている、水の量や服用するタイミング。
家での薬の置き場所、飲み忘れてしまった時の対応等、意外と知らない
薬の基礎的な話をしました。

栄養科 天形
脂肪肝は放置するとさまざまな病気のリスクが高まります。予防には食事療法を含め
た生活習慣の見直しが効果的です。一度ご自身の食事を見直してみませんか?

以上

サイトマップ