ホーム > 診療科のご案内 > 各科紹介 > 放射線科

放射線科

概要と特徴

主として画像診断を行い、一部の特殊治療も手がけています。

取り扱う主な疾患

・画像に写る疾患は全て。

当科を受診される方へ

現代医療では画像診断は欠かせません。画像検査の結果はもちろん担当医が診るのですが、当院では多くの画像について担当医だけでなくわたしたち画像診断専門医もチェックしています。より精度の高い診断を追求するために画像診断専門医は他の科の医師以上にレントゲンやCTなどの画像を読む訓練を積んでいます。

紹介元の先生方へ

各種画像検査(CT、MRI、PET、核医学検査、腹部超音波検査、マンモグラフィ、骨塩定量)を承ります。検査結果(画像および所見)は原則として検査の翌開院日に発送いたします。画像はCD-ROMでもフィルムでもお送りすることが可能です。CTが良いかMRIが良いか、造影は必要か不要か、などのご質問はご遠慮なく放射線科医までご相談ください。

医師紹介

大田 豊承

  • 大田 豊承おおた とよつぐ
役職
部長
専門
総合画像診断、IVR(インターベンショナルラジオロジー)
資格
日本医学放射線学会 放射線科専門医、放射線診断専門医、研修指導者
日本核医学会 核医学専門医、PET核医学認定医
日本超音波医学会 超音波専門医、指導医
日本インターベンショナルラジオロジー学会 IVR専門医
日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
日本がん治療認定機構 暫定教育医
自己紹介
平成3年 滋賀医科大学卒業
滋賀医大放射線科入局
医学部に入る前は某電機メーカー中央研究所のデジタルカメラ設計開発プロジェクトチームで電子回路設計を担当していました。
金子 昌信

  • 金子 昌信かねこ まさのぶ
役職
副部長
専門
放射線診断、IVR(インターベンショナルラジオロジー)
資格
日本医学放射線学会 放射線診断専門医
マンモグラフィ検診精度管理中央委員会 検診マンモグラフィ読影認定医
自己紹介
私は平成12年滋賀医科大学卒業後、滋賀医科大学、宇治徳洲会病院、近江八幡市立総合医療センターでの勤務を経て、宇治徳州会病院に再赴任し、放射線診断、IVRを専門に医療に携わってきました。宇治徳洲会病院では、救急画像診断に興味を持ち、急性腹症や多発外傷など多数の救急疾患の診断にかかわってきました。またIVR医として、腹腔内出血や骨盤骨折、喀血に対する緊急の動脈塞栓術を多数経験してきました。当院でも、今まで得た知識と経験をいかして、お手伝いさせていただきたいと思います。よろしくおねがいします。

当院は予約診療です。
担当医は外来担当医表でご確認ください。
外来担当医表

ページトップ

サイトマップ