ホーム > 診療科のご案内 > 各科紹介 > 腎臓内科

腎臓内科

概要と特徴

検診で偶然みつかるような検尿異常から、透析を必要とするような高度の腎不全まであらゆる腎臓病に対応しています。
腎生検を行い適切な治療を選択します。
急性腎不全治療、維持透析導入ならびにその後の維持管理を行います。
院内各科と連携して多様な血液浄化療法に取り組んでいます。

取り扱う主な疾患

・さまざまな糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、重症腎炎
・高血圧、糖尿病、膠原病など全身疾患に起因する腎疾患
・急性・慢性腎不全、慢性腎臓病
・維持透析
・種々の血液浄化を要する疾患
 例:顆粒球除去(潰瘍性大腸炎)、LDL吸着(家族性高脂血症)、
 血漿交換、エンドトキシン吸着を要する病態 など

当科を受診される方へ

健診などで指摘を受けられたらどうぞご相談ください。
腎炎・ネフローゼ症候群に対して病理診断(腎生検)やガイドラインに沿った適切な治療を行います。
慢性腎臓病、保存期腎不全管理では末期腎不全への進行遅延をめざします。
適切な時期に安定した維持透析導入をはかり、最適な透析処方などにより予後良好をめざします。

紹介元の先生方へ

先生方のお気付き、見い出しが診断につながります。腎疾患を想起された際はどうぞご紹介ください。
腎疾患の多くは慢性的経過をたどります。症状の変化に応じてかかりつけ医の先生方と連携して診療を続けさせていただきます。
透析患者さまに心疾患はしばしば合併します。当院透析センターでは心臓内科・心臓血管外科でのカテーテル検査・治療、心臓手術の際の入院透析を数多く受け入れています。

医師紹介

小野 晋司

  • 小野 晋司おの しんじ
役職
統括院長兼病院長
専門
糸球体腎炎、慢性腎不全、高血圧の薬物療法
資格
日本内科学会 認定内科医、総合内科専門医、指導医
日本循環器学会 循環器専門医
日本腎臓学会 腎臓専門医
自己紹介
昭和60年 京都大学卒業
京大第三内科入局
衣笠に生まれ育ち、岩倉(高校)・吉田(大学)に学んだ京都人です。
辻 博子

  • 辻 博子つじ ひろこ
役職
部長
専門
腎臓の内科的疾患一般、慢性腎不全
資格
日本内科学会 認定内科医、総合内科専門医、指導医
日本腎臓学会 腎臓専門医、指導医
日本透析医学会 透析専門医、指導医
日本医師会 認定産業医
自己紹介
平成元年関西医科大学卒業。静岡市立静岡病院、京大病院人工腎臓部等で、腎臓病、腎不全等の臨床に携わってきました。京都市出身、静岡で働いていた間以外はずっと京都に住んでいます。
松井 敏

  • 松井 敏まつい さとし
役職
医長
専門
腎臓の内科的疾患一般、慢性腎不全
資格
日本内科学会 認定内科医
日本腎臓学会 腎臓専門医
日本透析医学会 透析専門医
自己紹介
平成18年神戸大学卒業。京都市桂出身。当院で後期研修を終了した後に大学院へ進学。京都大学iPS細胞研究所(CiRA)に所属して、ヒトiPS細胞を用いた分化誘導、疾患モデル作製の研究に従事しました。今までの経験をもとに地域の医療に貢献できるように頑張ります。

当院は予約診療です。
担当医は外来担当医表でご確認ください。
外来担当医表

ページトップ

サイトマップ