ホーム > 部門紹介 > 看護部 > 認定看護師

認定看護師

三菱京都病院では、複数の認定看護師が専門性を生かして活動しております。看護部では一人ひとりの看護職員が専門職業人として成長し、キャリアアップするための教育が受けやすいよう、教育期間中の処遇について支援しています。 また資格取得後には認定看護師として活動しやすいように、職場環境づくりの支援もしています。

嶋 雅範

  • 嶋 雅範しま まさのり
資格
感染管理認定看護師

谷山 絵梨子

  • 谷山 絵梨子たにやま えりこ
資格
感染管理認定看護師
メッセージ
病院を利用される方々(患者さん、ご家族、職員など病院を利用されるすべての人)を感染症から守るために、医師や看護師だけでなく、臨床検査科や栄養調理科、薬剤部、事務部などとも協力し、感染症が発生するリスクを低減させる活動をしています。 現在、職員に対する感染防止技術の指導・教育のほか、医師や看護師、検査技師、薬剤師が連携して病院内で発生した感染症が拡がらないように助言を行うことで、患者さんやご家族に安心していただける環境づくりを目指し日々奮闘しています。
大津 裕佳

  • 大津 裕佳おおつ ゆか
資格
緩和ケア認定看護師
メッセージ
がんなどの病気になると、痛みやだるさ、呼吸苦といったからだのつらさや、病気自体や治療内容、将来への不安などのこころのつらさがでてきます。そのようなつらさを、お薬や看護ケアで和らげるのが緩和ケアです。
患者さんやご家族の多くは、近い将来の状況について色々な気持ちをかかえておられます。今後起こりえることについてわかりやすく説明を行い、その際にどのように対処するのか一緒に考えていきます。
患者さんが最期の瞬間までその人らしく過ごせるよう、多職種と連携をとりながら、チームで症状緩和を行っています。
植村 陽子

  • 植村 陽子うえむら ようこ
資格
皮膚・排泄ケア認定看護師
メッセージ
この分野は以前WOC看護師と呼ばれていた分野で、W( Wound:床ずれや手術創などの創傷)、 O(Ostomy:人工肛門・膀胱)、C(Continence:尿や便失禁)のケアを行う看護師のことを言います。つまり、皮膚にトラブルが生じやすい方へのスキンケアや、排泄に伴い生じる問題を抱えている方に対してケアを行っております。スキンケアや排泄は日常的に行われるものであり、そこから生じる問題は生活の質を落としかねません。患者さんの尊厳を保ち、よりよい生活を過ごしていただけるよう、多職種と協働して専門的なケアを提供できるようにしたいと考えております。
横瀬 みどり

  • 横瀬 みどりよこせ みどり
資格
がん化学療法看護認定看護師
メッセージ
がん化学療法看護認定看護師として、外来通院治療室を拠点とし活動しています。
今日の抗がん剤治療は制吐剤の開発や、分子標的薬の開発により副作用も変化してきています。ほとんどの患者さんは外来通院しながら抗がん剤治療を行うため、患者さんは自宅で副作用管理(悪心・嘔吐・食欲低下・手足症候群・皮膚障害など)をご自身で行う必要があります。外来での治療が安心・安全・正確をモットーに笑顔で明るい治療室を心がけスタッフと一緒に頑張っています。『安心』できる環境作りをこれからも続けていきたいと思います。
山部 さおり

  • 山部 さおりやまべ さおり
資格
慢性心不全看護認定看護師
メッセージ
慢性心不全患者さんの特徴は、心不全を発症してから悪化や回復を繰り返しながら、長い経過を辿り、終末期を迎えていきます。患者さんが認識しておられる症状と、全身状態を統合し、患者さんと一緒にモニタリングしながらセルフケア支援を行っていきます。また、身体的・精神的・社会的な面を含め、急性期から終末期に至るすべてのstageにおいて、患者さん・ご家族が日常生活を苦痛なく過ごすことができるようにサポートしていきます。そのためにも、入院された時だけでなく、外来においても面談を行い、主治医や多職種と一緒に支援していきます。さらに、心不全領域における看護の質向上のために、スタッフへの教育にも取り組んでいます。
文字 香織

  • 文字 香織もんじ かおり
資格
集中ケア認定看護師
メッセージ
集中ケアとは、高度侵襲を伴う手術後やさまざまな原因により生命の危機的状態にあり、高度で集中的な治療が行われている患者さんやご家族に対して、合併症を予防し早期に回復できるよう支援することです。
集中治療室に入室されている患者さんは、身体的な苦痛だけでなく日常生活とかけ離れた状況に不安やショックが大きく、精神的・社会的苦痛を伴う場合もあります。そのような苦痛をできる限り緩和できるようご家族も含めてサポートしていきます。
また、急性期から退院後の患者さんとご家族が、もとの日常生活と笑顔を1日でも早く取り戻すことをめざし、多職種・他部署と協働しチーム医療の推進をはかることで、安全で質の高いケアにつなげたいと考えています。
村田 梨絵

  • 村田 梨絵むらた りえ
資格
乳がん看護認定看護師
メッセージ
乳がんは、14人に1人の女性がかかると言われており、年々増加しています。乳がんそのものや治療内容・生活への影響など、不安が尽きることはないと思います。また、情報があふれているため、何が正しいのか、自分が活用できる情報は何なのかを吟味することがとても難しい状況です。
乳がん看護認定看護師には、乳がん検診から治療まで、専門的な知識と技術をもって患者さんに寄り添い、支援する役割があります。患者さんそれぞれの方法で、納得した意思決定を行えるよう、一緒に考え、不要な不安はできる限り0に近づけたいと考えています。治療や日常生活の困りごとや疑問、乳房に対する思いなど、遠慮なくご相談ください。
中田 麻美

  • 中田 麻美なかた まみ
資格
新生児集中ケア認定看護師
メッセージ
新生児集中ケアは、予定より早く生まれた赤ちゃんや入院直後から治療の必要な赤ちゃんの身体的ケア、成長発達を助けるケアを行います。
赤ちゃんは自分の意思を言葉で伝えることはできませんが、たくさんサインを出して伝えています。その発信するサインをすばやくキャッチし、さまざまな場面で一人ひとりに沿った専門的で質の高い看護ケアができるよう取り組んでいます。
また、赤ちゃんの入院はご両親にとってもたいへんな出来事です。ご両親の気持ちと向き合い、赤ちゃんの健やかな成長に向けてご家族本来の力が出せるよう一緒に考えます。さらに、他部門・他職種とも協働し、サポートします。
いつでもお気軽にお声がけください。
ページトップ

サイトマップ