ホーム > 部門紹介 > 薬剤部

薬剤部

ごあいさつ

橋元誠「患者さんとともに納得のできる薬物療法を目指しています」
私たちは医薬品を通じて、「高度で、あたたかい医療を提供する」ことを考え、他職種と協力して行動するよう努めています。

薬剤部方針

薬の専門家としての自覚を持ち、生涯研鑚します。
親しみやすい雰囲気で、患者さんの身近な相談者を目指します。
チーム医療の一員として、適切な薬物療法に貢献します。

業務の紹介

病棟業務
入院された患者さんが服用されている薬の種類や飲み合わせ、副作用が起きていないかなどを確認しています。得られた情報をもとに、患者さんへの服用・使用方法の説明や医師への処方提案など、医薬品の適正使用つながる業務を行っています。

チーム医療
さまざまな職種のスタッフが参加し、チームで診療にあたっています。薬剤師は薬の専門家として提案しています。
がん化学療法、栄養サポート(NST)、緩和ケア、感染(ICT)、糖尿病、褥瘡などのチームがあります。

調剤
患者さんの性別や年齢などの情報から、お薬の種類・服用量・飲み合わせなどを確認しています。

外来化学療法室
抗がん剤の調製だけではなく、投与スケジュールや投与量の確認、患者さんへの説明などを医師や看護師と協働して行っています。

医薬品情報室
医薬品に関する情報は、常に更新されています。
医薬品の情報を収集・整理・管理し、安全にそして適正に使用するために情報提供を行っています。

治験・臨床研究
治験薬の管理のほか、治験や臨床研究の事務局業務を行っています。

患者さんへ

「診察を受けるとき」や「入院するとき」にはお薬手帳をご持参ください。
お薬手帳には、もらわれたお薬や経験された副作用などを記録し、医師・歯科医師・薬剤師に「ご自身の薬に関する情報」を伝えましょう。

ページトップ

サイトマップ