ホーム > 部門紹介 > 診療技術部 > リハビリテーション技術科

リハビリテーション技術科

ごあいさつ

リハビリテーション医療はチーム医療です。当科は院内での協力はもちろん、退院後の一番のサポーターであるご家族や地域の医療機関の皆さまと連携を取りながら、退院することがゴールではなく退院後のことも考えた急性期リハビリテーションを提供していきます。

方針

患者さんの速やかな社会復帰・家庭復帰を目指すために以下の事項につとめます。

早期からのリハビリテーション介入
あらゆる疾患に対応したリハビリテーションの実施
高度で地域性に対応したリハビリテーションの提供

業務説明

心大血管リハビリテーション
心臓病の患者さんが体力を回復し、精神的な自信を取り戻して社会や職場に復帰し、さらに再発を予防するための総合プログラムです。運動療法、患者教育、生活指導、カウンセリングなどのプログラムで構成されています。当院では心臓リハビリテーション指導士が患者さんとご家族をサポートいたします。

呼吸器リハビリテーション
術後の合併症の一つである肺炎、無気肺などの予防に重要と言われている呼吸リハビリテーション。当院では早期離床訓練を含めた内容を呼吸療法認定士が患者さんの状態にあわせて提供しています。

運動器リハビリテーション
当院では、一般的な疾患に加え、肩や上肢、手指などの専門的な手術後のリハビリテーションも実施しています。入院早期からのリハビリテーションが開始され、患者さんの状況に応じて回復期病院へのご案内や外来でのリハビリテーションの継続を実施しています。

糖尿病運動療法
当院では糖尿病に対して教育入院を実施しています。糖尿病の3大治療法の一つである運動療法は、運動負荷試験のデータを基に運動量を決定しています。また、患者さんにあった具体的な運動内容を提案しています。

がんのリハビリテーション
がんのリハビリテーションは、がんにより生じたさまざまな問題に対して二次障害を予防し、運動機能の低下予防・改善、加えて精神的、社会的にもQOL(生活の質)の高い生活が送れることを目的としたリハビリテーションです。当院では術後の早期リハビリテーションから終末期の緩和リハビリテーションまで多様に対応しています。また平成24年度より、がんのリハビリテーションの施設基準に認定されました。

患者さんへ

当院リハビリテーションのご希望はお気軽に主治医にご相談ください。皆さまとお会いする日を心よりお待ちしております。

ページトップ

サイトマップ