ホーム > 部門紹介 > 診療技術部 > 放射線技術科

放射線技術科

ごあいさつ

当院の放射線技術科は、画像診断部門・核医学部門・放射線治療部門の3部門からなっています。診療放射線技師が撮影、画像処理などを行い、放射線科医が所見を作成します。診断、治療に関して病院の重要な役割を果たしています。
また、高度な診断、治療ができるよう、最新のデジタル技術を駆使した装置の導入を次々進めており、早期発見、治療に繋がるよう努めています。
一方、最近話題の放射線被ばくに対してもデジタル技術で被ばく低減を行うよう、医療被ばくの最適化に取り組んでいます。何かと不安な放射線検査ですが、放射線技術部ではこのような不安を解消してもらおうと、診療放射線技師が作成したホームページの運用も行っています。そちらもぜひ、ご覧ください。

理念・指針

-理念-
専門分野の学術・技能向上に努め、チーム医療に貢献します。
-指針-
被ばく線量の最適化に努力します。  
放射線技術科では、安心して検査を受けていただけるように、放射線被ばくを少しでも低減するために、最新の機器の導入はもちろんのこと、機器管理の徹底や画質評価を行うなどして、医療被ばくのさらなる低減を目指しています。

検査・診断機器

単純X線撮影検査
フラットパネル一般撮影装置(3台)
骨塩定量装置(1台)
歯科用パノラマ断層装置(1台)
デンタルマンモグラフィ撮影装置(1台)
X線透視検査
フラットパネル透視撮影装置(1台)
CT検査
64列CT(1台)
MRI検査
1.5T(1台)
核医学検査
SPECT(1台)
PET-CT(1台)
放射線治療
リニアック(1台)
超音波検査
超音波装置(4台)
血管撮影検査
血管造影透視装置(2台)

患者さん・医療関係者の方へ

患者さんへ
各種検査の内容・検査に対する不安やご質問、また被ばくに関してご質問がございましたら検査担当の診療放射線技師にご相談ください。
地域の先生方へ
ご紹介いただいた検査に関しては、地域の先生方の期待にそえられるよう切磋琢磨しております。要望、ご質問がございましたら、どうぞお問い合わせください。

ここでお伝えしきれない情報は放射線科ホームページに掲載しております。

ページトップ

サイトマップ