ホーム > 部門紹介 > 診療技術部 > 歯科診療技術部門

歯科診療技術部門

歯科衛生士とは?

歯科疾患の予防および口腔衛生の向上を目的として、歯・口腔の健康づくりをサポートする国家資格の歯科医療専門職です。一見、看護師に思われがちですがお口のケアのプロフェッショナルです。

歯科衛生士業務の方針

当院は口腔外科が主体であり、一般歯科治療は実施しておりません。そのため歯科衛生士も外来手術の補助と、入院患者さんの専門的口腔ケアや周術期の口腔ケアを行っております。チーム医療(摂食・嚥下サポートチーム、糖尿病教室チームなど)にも参加して多職種と連携しチーム医療の一員としての役割を果たすよう努めています。

歯科衛生士の業務について

歯科衛生士には大きく3つの業務があり、それぞれに専門性の高い知識・技術が必要とされます。

歯科予防処置
歯・口腔の疾患を予防する処置として“フッ化物塗布”や歯垢(プラーク)・歯石など口腔内の汚れを専門的に除去する“機械的歯面清掃”などを行います。

歯科保健指導
歯みがきを中心として口腔清掃法の指導や口腔清掃状態のチェックを行います。

歯科診療補助
歯科医師の診療や外来手術がスムーズに進むように診療の補助をします。患者さんが安心、安全、安楽に歯科診療を受けられるようにサポートします。

患者さんへ

口腔衛生の向上には歯科疾患の予防にとどまらず、全身疾患(動脈硬化、狭心症、心筋梗塞、糖尿病、肺炎、脳血管障害、骨粗鬆症、早産、胎児の低体重など)とかかわりがあることがわかってきています。お口の衛生状態を良くすることはいろいろな病気のリスクを減らすことにつながるとも言えます。皆さまの良い口腔環境づくりのお手伝いができればと思っております。

ページトップ

サイトマップ