ホーム > 部門紹介 > 診療技術部 > 臨床検査科

臨床検査科

ごあいさつ

山田 宣幸2012年12月より、血液、喀痰、尿などの分析検査を行う中央検査科と心電図、心臓超音波検査などの生体検査を行う臨床生理検査科がひとつになり、臨床検査科となりました。私たちは診療部門が行っている最高水準の診断技術や日々進歩する治療技術にも追従できるよう日々努力を重ね、さらに高い水準を目指し研鑽しています。「患者中心の医療」の基盤となる患者さん視点で、心配りができる組織作りや精度の高い検査データを迅速に報告すること、また最新の検査技術の提供を推進していきたいと考えています。

臨床検査科業務

検体検査:生化学検査、免疫検査、血液検査、凝固線溶検査、輸血検査、一般検査、便潜血検査
生理機能検査:心電図検査、超音波検査(術中も含む)、運動負荷試験、24時間心電図、呼吸機能検査、ペースメーカー検査、睡眠時無呼吸検査、新生児聴性脳幹誘発電位検査、サーモグラフィー検査、脳波検査、神経伝導検査、筋電図検査、聴力検査、ABI、経食道超音波検査
病理細胞診検査:病理組織診断、細胞診、病理解剖
細菌検査
人間ドック

患者さんへ

検査を受ける際の注意事項
1.採血を受ける方へ
主に腕から採血しますので、袖のきつい服の着用は避け、肘上まで出しやすい服装でご来院ください。
採血時にご気分の悪くなられる方や消毒薬や手袋にアレルギーをお持ちの方、血液透析中の方、そのほか採血に関してご質問・ご不安な点のある方はスタッフにお申し出ください。
2.生理検査を受ける方へ
脱ぎ着しやすい服装でご来院ください。貴金属などは外していただく場合があります。

患者さんへのメッセージ
当科は臨床検査技師で構成されており、超音波検査士・糖尿病療養指導士・心臓リハビリテーション指導士などさまざまな認定免許も取得しています。検査についてご質問などがございましたらいつでもお気軽にご相談ください。

ページトップ

サイトマップ