受付予約専門ダイヤル

075-381-7811

予約電話受付時間
開院日 8:30〜16:30
※翌日以降の診療予約は14:00以降にお願いします。

人間ドック/リハビリテーションのご予約はこちら人間ドック/リハビリテーションのご予約はこちら

予約以外のお問い合せ

075-381-2111(代表)

  • 外来担当表

TEL

お問合せ

MENU

背景色

文字サイズ

疾病説明一覧へ

疾病説明一覧Disease

下肢静脈瘤

下肢静脈瘤とは

全身から心臓へ戻る血液が通る道を「静脈」と言います。足の静脈には、足の奥深くを走行する「深部静脈」と足の表面を走行する「表在静脈」があります。
通常、血液は、表在静脈から深部静脈に流れ、その間には一方向弁がついていて、血液が逆流しないようになっています。一方向弁が壊れ、深部静脈より表在静脈に血液が逆流するようになると、表在静脈が拡張して「下肢静脈瘤」となります。
足がだるくなったり、こむらがえりが起きたり、足がむくむようになったりします。また、湿疹や色素沈着を認めたり、皮膚が硬くなったり、皮膚の潰瘍を認めるようになります。

治療法

(1)弾性ストッキング
症状が軽い場合は、まず、弾性ストッキングにて経過をみます。
症状が悪化した場合、手術が必要になります。
ふくらはぎの内側の大伏在静脈に静脈瘤ができている場合は、(2)血管内焼灼術+(5)静脈瘤切除術、または(3)静脈抜去術(ストリッピング手術)+(5)静脈瘤切除術を行います。
ふくらはぎの後側の小伏在静脈に静脈瘤ができている場合は、(4)高位結紮術+(5)静脈瘤切除術を行います。

(2)血管内焼灼術
カテーテルを使用して、レーザーや高周波で静脈瘤を焼灼する治療法。当院では行っておりません。

(3)静脈抜去術(ストリッピング手術)
太ももにある大伏在静脈が下肢静脈瘤の原因の場合(多くの下肢静脈瘤の場合)、足の付け根と膝の2か所を小さく切開し、太ももの大伏在静脈を抜去する根治的な手術方法。

(4)高位結紮術
ふくらはぎにある小伏在静脈の逆流が原因の場合、小伏在静脈を膝裏で結紮する手術方法。

(5)静脈瘤切除術
当院ではStab avulsion法といって、約2mmの小さな切開で静脈瘤を切除しており、創部目立ちません。

(6)硬化療法

「下肢静脈瘤」は以下の診療科で診ています

受診について

当院では患者さんの待ち時間を短縮するため、予約制を導入しています。

トップへ