ホーム > 診療科のご案内 > 各科紹介 > 乳腺外科

乳腺外科

概要と特徴

症状に合わせて最適な診療を行います。
乳癌の検診・診断から治療およびフォローアップを行います。
(ステレオガイド下マンモトームやPET、放射線治療装置など)
マンモグラフィや乳腺超音波検査は、ブレストセンターにて女性スタッフが行います。
乳腺チームが患者さまを身体的・心理的にサポートします。
腫瘍内科と連携をとり、薬物治療・緩和治療を行います。
京都大学乳腺外科と連携しています。
乳がん患者会『花水木の会』と連携しています。

取り扱う主な疾患

・乳がん検診をご希望の方
・乳がん検診で精密検査を勧められた方
・自覚症状があり、乳房の精査を希望される方
・乳がん治療が必要な方

当科を受診される方へ

乳房の違和感やしこり、その他気になる症状を認める方や、自覚症状はないけれど検診に行ったことのない方、前回の検診から2年以上経過している方は、ぜひマンモグラフィと乳腺超音波検査をお受けください。

当院では、初診の方でも原則としてその日のうちに検査を終え、異常がなかった方は安心してお帰りになれます。また追加の検査が必要な方は迅速に次のステップに進めるようになっております。
乳癌の治療には手術、化学療法(抗がん剤治療)、ホルモン療法、放射線療法などが必要です。タイプや病期(ステージ)によって最適な治療の組み合わせを検討します。また、副作用、患者さまのご年齢や基礎疾患、ライフスタイルや価値観など、患者さまと相談して治療法を決めていきます。
実際の診療については、乳腺チームでしっかりとサポートいたします。治療を含め治療以外の不安にもチームで対応いたします。

紹介元の先生方へ

乳房に自覚症状を認める患者さまはもちろん、乳癌検診をご希望の方、これまでに検診を受けたことがない方、最終の検診歴が2年以上前の患者さまがおられましたらお気軽にご相談ください。また、貴院の検診で異常を認め、MRI・生検などが必要な際もご紹介くださいましたら検査いたします。
京都大学とも連携し、必要なときはバックアップを依頼できます。
予約がいっぱいの場合でも、お急ぎの場合は予約センターにその旨お伝えください。外来および検査の調整をいたします。

乳がん診療について

乳がんは今や日本人女性において最も罹患率の高い癌であり、罹患率・死亡率ともに上昇傾向です。その一方で、診断や治療の発展が目覚ましい領域でもあります。一言で乳がんといってもさまざまなタイプがあり、タイプにより治療方針は多様です。また長期間の治療を要することもあり、ご年齢やライフスタイルなども考慮して、お一人お一人にとって最適な治療を選択していく必要があります。
当院では、乳がん診療に力を入れるべく平成24年9月にブレストセンターを開設し、乳がん検診および乳がん治療、治療終了後のフォローを行っております。その他、診断や治療効果の判定に必要な乳腺MRI装置やCT、PET、組織を採取するのに必要なマンモトームや治療に用いる放射線治療装置、抗癌剤治療を行う外来治療室などを完備し、同じ病院内で一貫して最適な治療が受けられるようになっております。

医師紹介

光藤 悠子

  • 光藤 悠子みつどう ゆうこ
役職
医長
専門
乳腺外科
資格
日本乳がん学会 乳腺認定医・乳腺専門医
日本外科学会 外科専門医
検診マンモグラフィ読影認定医
自己紹介
平成15年滋賀医科大学卒業後、滋賀医科大学・長浜赤十字病院での勤務を経て、2010年4月より京都大学乳腺外科で乳腺外科医としての専門的な研鑽を積んできました。日本人女性の乳がん罹患率が高まる一方の現在、より専門性の高い医療が求められており、当院でも検診から診断・治療・その後の経過観察や検査・再発転移の治療を行っております。
充実したチーム医療体制のもと、皆さまが少しでも安心して検査や治療が受けられるようコミュニケーションを大切に診療いたします。また、治療が必要な方には、その方に適した治療法を納得して選択していただき、安心して治療を受けていただけるよう心掛けています。
趣味
自転車

当院は予約診療です。
担当医は外来担当医表でご確認ください。
外来担当医表

ページトップ

サイトマップ